↑10秒で相場チェックできる優れもの。しつこい勧誘電話とか一切なかったので安心です。↑

外壁塗装で、つや有り・つや消しどちらを選ぶかの考え方。

外壁塗装に使用される塗料にはつや有りとつや消しの2種類が存在し、その特徴からどちらかを選ぶことになります。
つや有りは文字通り塗装した後の外壁につやが出て、光沢感や高級感がでますが、あまり強いつやが出ると逆に下品に見られることもあります。
塗り替えた後ではその違いに違和感はありますが、塗装をしたというのが良く分かるようになっています。
また、つや有りは防水性が高く、ホコリが付いてもすぐに流れ落ち、カビやコケなども付着しにくくなっています。
耐久性もつや消しより高く、耐候性も優れているのが特徴です。
ただし、つやが保つのはせいぜい3年ほどで、耐久性はそのまま継続されますが、以降は光沢感がなくなり見た目はつや消しと変わりません。
対するつや消しは耐久性や耐候性、防汚性などは低いですが、目立つような光沢感はなく、塗装した直後からいくら経年劣化しても光沢感が変わらないのが特徴です。
そのため、上品で落ち着いた雰囲気のある建造物に良く似合い、特に和風建築に似合う塗料と言えます。
耐久性などの優れた面を考えればつや有りですが、建物の雰囲気を損なわずにナチュラルな塗装を求める場合はつや消しを選ぶと良いでしょう。
また、つや有りでも3分つや、5分つや、7分つやなど度合いによって選ぶことができるので、光沢感は出したいけれど調整したい場合は、これらを上手く利用してみると良いでしょう。
つやは必要ないけれど耐久性が欲しいという場合は3分つやを選ぶと良いようです。