↑10秒で相場チェックできる優れもの。しつこい勧誘電話とか一切なかったので安心です。↑

外壁塗装はどのタイミングですべき?

念願かなって手に入れたマイホームも、年月を経るとともに劣化していきます。
分かっていることではあっても、せっかくならきれいな状態で長く快適に過ごすためには、外壁のメンテナンスをこまめにすることで、外観はもちろん、家の内部の傷みも最低限に防ぐことがとても大切です。
家は、年中強い太陽の紫外線や温度差、風雨などの厳しい自然環境にさらされています。
車の排気ガスや工場の煙、潮風なども家を傷める原因です。
家は、内側に住んでいるので、内部の劣化には気づきやすいのですが、外壁の劣化には気づきにくいため、こまめに外壁を点検したり、定期的に外壁塗装をすることがおすすめです。
家をバリアのように守る外壁が劣化すると、家の内部や構造に水分が侵入しやすくなります。この水分の侵入を少しでも防ぐことが、家を長持ちさせるためにはとても大切なのです。
外壁塗装を依頼するタイミングは、外壁を見たときに劣化のサインを発見した時か、新築から10年たったときが良いでしょう。
外壁に細い髪の毛のような日々を発見したり、手で外壁を触ると白い粉のようなものがつくとき、塗装がはがれていたり、浮いている部分を見つけたときなどには、すぐに手当てが必要なので、外壁の点検や塗装の依頼をすることが大切です。
目立った劣化がなくても、外壁は10年たつと劣化しています。家を長持ちさせたいなら、10年に一度の外壁塗装をすることで、外壁が傷む前にバリアのように家を守り続けることにつながるので、外壁塗装を行うことを強くおすすめします。