↑10秒で相場チェックできる優れもの。しつこい勧誘電話とか一切なかったので安心です。↑

外壁塗装時にシンナーの臭いと体の影響

外壁塗装する場合には、いくつか気をつけなければならないことがあります。
その一つが臭いです。
外壁塗装に使う塗料にはにおいがあります。
おそらく多くの人がそのにおいをかいだことがあるに違いありません。何の匂いかと言えばシンナーのにおいです。
塗装の塗料は油性塗料と水性塗料があります。
この中で、臭いが強いのは油性塗料になります。では、人間の体にはどのような影響を与えるでしょうか。
この点、臭いがするだけで人体には影響がないと考えている人もいます。ですが、人体に影響がないかと言われればそのような事はなく、様々な面で影響を与えています。そのうちの1つは頭痛になります。臭いをかぐことで頭が痛くなりめまいがすることもあります。
また、ひどい場合には手足のしびれ等を感じ、そのまま体が思うように動かなくなることも考えられるのです。
このように考えると、シンナーの臭いは体に悪影響を及ぼすことには間違いありません。
ただし、これには個人差があります。
強く影響を及ぼす人もいますが、ほとんど影響が出ない人もいます。
では、もし自分で塗料を買ってきて塗装する場合にはどのようなことに気をつけたら良いでしょうか。1つは、マスクをする事です。できれば専用のマスクを購入した方が良いでしょう。次に、肌をできるだけ露出させないことです。肌から人体にシンナーが入り込んでしまう危険性がありえます。そのため長袖長ズボンは必須になります。
塗料もできれば水性塗料を使う方が影響が少ないです