↑10秒で相場チェックできる優れもの。しつこい勧誘電話とか一切なかったので安心です。↑

外壁塗装に適した季節の特徴

外壁塗装に適した季節ですが、どの季節が一番良いということではなく、気温が5度以下、湿度が85%以上で
なければ、基本的には年中可能と言えます。

 

しかし、どの季節にも、メリット・デメリットがあります。
春は、空気が乾燥していて塗料が乾きやすく、気温も高過ぎず低過ぎずで、窓を閉め切っていても過ごしやすい季節ですので、作業するには適しているといえます。しかし、春は意外にも、不安定な天候が多いため、作業期間が延びてしまうこともあります。

 

梅雨の時期は、湿気が多くて作業するには適さないとも言われていますが、極端に、他の季節と比べ、耐久性が劣るということはなく、雨水が塗料に入らない限りは、問題ありません。
ただ、雨が降ると作業が出来ず、工期が延びますので、注意が必要です。

 

夏は、気温が高いため、塗料の乾きが早く、作業が早く進みます。しかし、作業中は窓が開けられないため、
エアコンが手放せなくなります。

 

秋は空気が乾燥していて、塗料も乾きやすく、窓を閉め切っていても過ごしやすい季節ですが、台風シーズンになると
作業できない日が続くため、工期が長引くことも考えられます。

 

冬は、窓を閉め切っていても不都合もなく、空気も乾燥しているので、塗装物に対する塗料の付着や吸収も良いのですが、屋根塗装の場合は、直接、結露の影響を受けますので、注意が必要です。
他の季節に比べ、日が暮れるのが早いため、作業時間も短くなり、工期が延びる可能性があります。