↑10秒で相場チェックできる優れもの。しつこい勧誘電話とか一切なかったので安心です。↑

外壁塗装の種類

外壁には、家の外観を美しく魅力的に見せる役割のほかに、家をバリアのように丸ごと包み込んで守るという大切な役割があります。
家を包み込んで守ることはとても効果的で、外壁が劣化してもそのまま放置した家と外壁塗装を定期的に行っている家では、家の外観の劣化だけでなく、家の内部の劣化状態も異なり、30年以上経過すると内部の傷み具合に大きな差が出ていることが分かっています。
新築でも、10年経過したら外壁塗装を行い、10年ごとに塗り替えることで家の寿命を大きく延ばすことができるため、最近は、定期的に外壁塗装を行うことが一般的になってきています。
外壁塗装を行うときには、塗料を選ぶことになりますが、標準的な10年ごとに塗り替える場合に使う塗料が値段が比較的安いと言われています。
最近は、塗料の種類が増え、耐用年数が15年や20年以上の物があったり、遮熱性や耐趨勢に優れた種類の塗料が開発されています。
費用は、標準的な塗料よりも高いことがほとんどですが、耐用年数が多い場合、一回当たりの金額が高くても、足場を組む費用や高圧洗浄、下地の塗り替えなどの費用を含めると、リーズナブルな場合も多く、費用の総額で考えることがおすすめです。
また、遮熱性に優れた塗料を使うと、家の内部の温度変化を小さく抑える効果が期待できるので、光熱費が安くなる効果を期待できます。
いろいろな種類の塗料が開発されているので、一回当たりの費用の安さだけでなく、費用対効果で選ぶことがおすすめです。