↑10秒で相場チェックできる優れもの。しつこい勧誘電話とか一切なかったので安心です。↑

外壁塗装業界に存在する悪徳業者を見抜く方法とはあるのか?

外壁塗装は、定価が存在せず、素人には手抜きしているのかわかり憎い為、悪徳業者が数多く存在します。
そんな悪徳業者に騙されない為に、注意すべきことが4つがあります。

 

【訪問販売に注意】

 

訪問販売業者のほとんどは相場より高いですし、悪徳である可能性が高いです。訪問販売は、その場で契約してもらう為に、「今すぐ塗装しなおさないと、すぐに雨がしみ込んで家の劣化を早める」など、大げさに不安を煽る言葉をかけてきます。

 

【過剰な値引きに注意】

 

「今すぐ契約してくれるなら半額でやります。」など、キャンペーン中の特別価格と説明し、過剰な値引きを提示してくる業者も怪しいです。それ以外にも「普段だと出来ない特別な塗装で行うことが出来る」など、特別なサービスを持ちかけてくる場合もあります。

 

【長すぎる耐久年数の提示に注意】

 

塗装の耐久年数は、余程の耐久性のあるものでも20年程度。だいたいが10年程度だと言われています。それを50年もつなど、長すぎる耐久年数を伝えてくる業者も危ないです。

 

【他社と同じデザインで工事に注意】

 

他社と同じデザインでかなり安い費用を提示してくる業者もあります。
良心的な塗装業者は、自分の会社の実績のあるやり方に基づいて仕事を行いますので、同じデザインでとは言わないものです。
また同じデザインで、費用が安くなるということは、見えないところで手抜きをするか、同じ素材を使用するのではなく、もっと安価な素材に変更するなどの可能性があります。
悪徳業者に騙されない為には、すぐに契約してしまうのではなく、一般的な相場価格をしっかりと調べること、複数の業者で見積もりを取ってみるなど、慎重に行うことが望ましいです。